ネックレスに使われるシルバーの種類

シルバーネックレスを購入する場合、シルバーの種類を知っておくべきでしょう。シルバーの種類は、SV1000、SV950、SV925、SV900といったものが一般的です。これらは、1000分率によって純度を表す事で種類分けされています。その中でも、シルバーネックレスにおいて多く用いられているのが、SV925と呼ばれる種類です。SV925は、92.5%が銀で残りの7.5%はニッケル、コバルト、亜鉛、銅といった金属になります。これらを、純銀とも呼ばれるSV1000と比較してみると、全体的に茶色く見える事でしょう。これは、他の金属が混ざっている証拠です。しかしSV1000の純銀には、とても柔らかで装飾や細工が施しにくいという欠点があります。この欠点を補う為に、他の金属が混ざったSV925が広く用いられているのです。他の金属を混ぜ合わせる事により、SV1000よりもSV925は硬度が高くなっています。硬度が高いだけではなく、柔らかすぎず硬すぎないのも、装飾や細工に適した点です。その為、シルバーネックレスの多くがSV925となっているのです。ただ、純銀という言葉が示す通り、SV1000は白銀に輝く美しさがあります。その為、SV1000のシルバーネックレスを手に入れたいという方も多いでしょう。しかし純銀は装飾や細工が施しにくい上に、完成しても変形しやすいという欠点があります。その為、使いやすさという点から見ても、SV925の方が優れています。