ネックレスとペンダントの違いとは?

そもそもネックレスという言葉は、首元を飾るアクセサリーの総称です。しかし現在では、ネックレスとペンダントは異なるアクセサリーであるといった考え方が一般的です。そこで、違いをしっかりと把握しておくようにしましょう。一般的に、ネックレスの先端にチャームが付いているものが、ペンダントと呼ばれています。このチャームは、ペンダントトップという名前でも呼ばれています。つまり、チャームがあるかないかの違いによって、名称が変わると考えて問題はないでしょう。また、チャームがあるかないかの違いだけでなく、長さの違いにも注意が必要です。何故なら、長さが短く首元にフィットするデザインの場合は、チョーカーと呼ばれるからです。その為、ペンダントはチョーカーよりも長く、つけるとチャームがV字に垂れるデザインのものと考えて下さい。逆にネックレスは、チョーカーよりも長いものの、チャームが無くV字を描かず自然に垂れるデザインのものと言えるでしょう。ちなみにチャームは、単品でも販売が行われています。その為、ネックレスに自分の好みのチャームをつければ、ペンダントになると言う訳です。しかもチャームは、ブレスレットやアンクレットなどにもつける事が出来ます。そこで、気に入ったチャームを見つけた場合、自分自身でアクセサリーをカスタマイズしてみるのも良いでしょう。世界で一つだけのオリジナルアクセサリーを作る事ができるのでオススメです。