30代男性のネックレス選びの注意点

お洒落な30代男性

30代男性のネックレス選びでは、あまりゴテゴテしたものはオススメできません。カジュアルなファッションの場合、ネックレス選びで基本的にNGはありません。しかし、ゴテゴテしすぎていたり、宝石がたくさん散りばめられているようなものは控えましょう。それ以外のデザインならば、カジュアルなファッションには合わせやすいでしょう。ただ、30代男性にもなれば、ネックレス選びで長さに注目しましょう。あまりにも長すぎると、モチーフが目立たない上に邪魔になります。そこで、トップスの襟ぐりより少し長めのものを選びましょう。一度、実際に付けてみて長さをチェックするのが重要です。また、モチーフで注意したいのがスカルやクロスです。スカルやクロスといったモチーフを好む男性は多いようですが、女性受けを考えた場合、スカルやクロスは良い印象を与えません。特に30代男性がこれらをつけていると、どうしても子供っぽい、ダサいといった印象を与えてしまいます。そこで、女性受けを考えてネックレス選びを行うのであれば、スカルやクロスといったモチーフは控えた方が良いでしょう。さらに、ゴールドのネックレスも女性受けがあまりよくありません。シンプルなモチーフのついていないネックレスなら、大丈夫と考える男性も多い事でしょう。しかし、女性にはそれでも下品に見えてしまうそうです。ネックレス選びは、ファッションに合わせる事も重要ですが、女性目線の意見も取り入れて行う事も重要です。

 

30代でお洒落じゃないと自覚がある人は必見

30代男性がお洒落を無難にこなしたいなら、お勧めのファッションサイトをご紹介します。人が使っていないネットショップが「ワンランク上のお洒落ファッション」を目指す人にはお勧めです。ネックレス等の小物も販売されています。高級ブランドではなくお手頃価格で購入できます。それでいて質は高く30代の大人の男性に密かに人気です。メンズファッション通販

クロムハーツが高くても売れる理由とは

クロムハーツが高くても売れる理由には、様々な事が考えられます。その一つとして、全て手作りであるという事が挙げられるでしょう。手作りであるという事は、当然作る事ができる数に限りが出てきます。また、機械で生産するよりも、それだけ価格が高くなるのも当然です。その結果、欲しいけれどなかなか手に入らないという消費者の欲求に火をつける事になります。こうした感覚こそが、クロムハーツが高くても売れる理由でしょう。実際に、人気の高いアイテムは予約をしなければ手に入れられないほどです。さらに、クロムハーツが高くても売れる理由として、レザーの品質も忘れてはいけません。クロムハーツはシルバーアクセサリーのブランドというイメージを持っている方が多いでしょう。しかし元々は、レザーを取扱う仕事を行っていた人間が立ち上げたブランドです。その為、レザーに対するこだわりも、他のブランドよりも強くなっています。クロムハーツのレザーは、ただ品質が優れているだけではなく、使い込むほど味わい深くなります。その為、レザーと共に時を刻んで行く感覚も、魅力とされているのです。また、近年では受注生産なども行っていますが、この受注生産でもクロムハーツのこだわりを知る事になります。クロムハーツは品質にこだわりを持っているので、受注生産であっても品質が認められる素材が見つからなければ、生産が行われません。その結果、数年待たされるという事は珍しい出来事ではないのです。しかし、この徹底した品質へのこだわりが、クロムハーツが高くても売れる理由と言えるでしょう。

 

世界中に名を馳せるクロムハーツの歴史とは

シルバーアクセサリーのブランドとして、世界中に名を馳せているのがクロムハーツです。そんなクロムハーツの歴史を、今回は紐解いていきます。クロムハーツの歴史において欠かせないのが、リチャード・スターク、ジョン・バウマン、レナード・カムホートの3人です。中でもリチャード・スタークは、現在もデザイナー兼オーナーを務めています。リチャード・スタークは、1960年にニューヨーク州で生まれ、18年後の1978年にカリフォルニア州に渡りました。カリフォルニア州に渡ってからは、塗装業を行いつつ建築の専門学校に通う事になりました。それから、木工職人に弟子入りしたリチャード・スタークは、木工職人の父親の経営する会社でも働き始めました。この会社で皮革を取扱うようになったリチャード・スタークは、ジョン・バウマンと出会います。そして同じく皮革を取扱う仕事についていたジョン・バウマンと、バイク専用のアイテムを取扱うビジネスをスタートさせたのです。何故バイク専用のアイテムだったのかというと、2人が共にバイカーであった事が影響しています。バイク専用のアイテムを取扱う中で出会ったのが、彫銀職人をしていたレナード・カムホートでした。そして3人は意気投合し、1988年にクロムハーツの歴史がスタートしたのです。それまで口コミで人気を集めたクロムハーツは、1992年にデザイナーオブザイヤーにおいて、アクセサリー部門最優秀賞を受賞しました。この受賞が、世界のセレブリティから注目を集めるきっかけになったと言えるでしょう。

革のネックレスで気になる臭い対策

革のネックレスは、つけるだけでワイルドな印象を与えてくれます。また、品質の良いものを選べば、使えば使うほど味わい深くなるのも魅力です。その為、一生物として購入する男性も多いようですが、避けて通れないのが臭いに関する問題です。革のネックレスを購入したばかりなのに臭いが気になるという場合、原因は作業工程です。革を長持ちさせる為の工程に、なめしがあります。このなめしの工程では、なめし剤と呼ばれる薬剤が使用されます。この薬剤が残ったままだと、購入してすぐであっても臭いが気になってしまうと言う訳です。また、革のネックレスをつけたまま入浴してしまい、臭いが気になるようになったというケースもあるようです。どちらにせよ、臭いが気になる場合は、その程度に合わせた対策を施しましょう。まず、軽い場合の対策は、革のネックレスに除菌消臭スプレーをかけて乾拭きするだけで良いでしょう。続いて、ひどい場合の対策ですが、まず革のネックレスを台所用の中性洗剤で洗いましょう。この時に、剥がれたり色落ちが起きないかチェックしながら洗うのがポイントです。綺麗に洗ったら、水分をしっかりと拭き取り、除菌消臭スプレーを吹きかけて陰干しをしましょう。もし、乾燥によって硬くなってしまったら、専用のクリームを塗る事で柔らかくしましょう。また、お気に入りの香水がある場合は、その香水を吹きかけて自分好みに仕上げるのもオススメです。こうしてケアを行う事で、味わい深い自分だけのアクセサリーに仕上がります。

 

シルバーネックレスの変色を防ぐ保管方法

シルバーネックレスは、空気に触れると硫化を起こします。硫化が起きると、変色の原因となってしまうので、保管方法に気を配るようにしましょう。まずは、硫化を防ぐ為に出来るだけ空気に触れさせないようにしましょう。その為には、ラップに包んだり、ジッパー付きポリ袋を活用した保管方法がオススメです。特にジッパー付きポリ袋は、100円ショップで購入する事ができます。しかも、サイズも色々とあるので、シルバーネックレスの長さに合わせてサイズを選ぶ事ができます。また、ジッパー付きポリ袋は透明なので、中にどんなシルバーネックレスが入っているかが一目瞭然です。ただし、複数のアクセサリーをジッパー付きポリ袋で保管する場合は、傷が付かないよう注意が必要です。その為、1つだけしか入れないようにしたり、布で包むなどして、接触を避ける工夫を施しましょう。また、変色防止用の用紙を活用した保管方法も効果的です。この用紙をシルバーネックレスを保管するケースや袋に入れておくと、黒ずみ予防に効果が期待できます。さらに、せっかくジッパー付きポリ袋に保管しても、中に空気が入った状態では硫化が進んでしまいます。そこで、布団や衣服の圧縮を行う要領で、しっかりと空気を抜いてから片付けましょう。もし、長いシルバーネックレスを保管する場合には、絡まないような工夫も必要です。そんな時には、薄い用紙で軽く包むだけでも、絡み防止に繋がるので実践してみて下さい。